Online booking Request for availability

E-Mail Facebook Tel

Butëiga dal Pan Hoferショップの歴史 - 地元の専門店

多世代にわたって、Hotel Snaltnerhofの伝統的な企業は、典型的な地場産品と美味しい自家製パンを提供しています。

Butiiga dal Pan Hoferの歴史は150年前に、パン屋の主人Barbiano Christianと、製粉業者Hansから始まります。Hofer兄弟は地元のパン屋で働くためにVal Gardenaに来ました。数年後、彼らはSan Antonio広場で家を買って、Barbianoで経営していた農場Snaltnerhofの名前をつけました。はじめに彼らは一緒に農場を経営していましたが、結婚して農夫になったHansは、会社をChristianに任せました。ビジネスの才能があるChristianは、数年後に町長になりました。これは、数代にわたって経営してきたAntonius広場のパン屋Snaltnerの初期の歴史です。20世紀の初めには、パンを地下で焼いて、家で売りました。オーストリア・ハンガリー帝国の統治時代には、観光業が成長していたので、好況でした。貧困の時期が始まった第一次世界大戦の時期にも、Snaltnerhofは経営を続けることができました。困難な時期であったファシズムの時代には、小麦粉が乏しかったので、マッシュを混ぜました。その後、第二次世界大戦が勃発しました。しかし、どんな時代でもパンは必要とされたので、パン屋Snaltnerhofは経営を続けました。ドイツ軍もOrtiseiの病院で利用するパンをSnaltnerhofから買いました。第二次世界大戦後、時代は変わりました。50年代と60年代に、経済と観光旅行は盛んになり始めました。鉄のストーブを購入したSnaltnerhofは、家を建て直し拡張しました。それから間もなく15種類以上のパンが販売されました。
 
今日、「Butëiga dal Pan Hofer」ショップは、25種類のパンに加えて、あらゆる種類の国内料理と南チロルの伝統料理を提供しています。
Butheiga dal Pan Hoferは、単なる企業や仕事でなく、Hofer家族の長い伝統の一部です。